秋葉原和食 車力

お知らせ

News

2016.03.01

車力通信 2016年3月

こんにちは。秋葉原の和食割烹 車力です。
残る寒さは厳しいものの、春の食材や秋葉原の電気街に立つ新生活フェアーののぼりを見ると、ああ、もうすぐ春なんだな、と感じます。
春といえばなんだか心が浮き立ちますが、つらい行事もありますね。それが大切な人との別れ。お世話になった方の異動や退職、大事な取引先の担当変更、子どもが新天地に旅立つという方もいらっしゃるかもしれません。
春は、別れと出会いが交差するほんの少し特別な季節なんですね。
別れはつらいものですが、新しい生活をスタートするための大事な儀式。大事な方を気持ちよく送り出すために、秋葉原の車力で送別会など開いてみるのはいかがでしょうか?お客様の気持ちが伝わるように、旬と心を尽くしたお料理をお出しします。

さより


この時期を代表する魚といっても過言ではない、さより。銀白色に輝くその身の美しさと高級感から、「気品高い春の魚」といわれることもあります。しかし優美な姿からは想像もつかないほど非常に機敏な魚で、網から素早く海に戻ってしまうので、さより漁はとても大変だそうです。まるでトビウオのように、水面から数メートル飛び跳ねることすらあるとのこと。新たなスタートを切る方も、さよりのように大きく飛躍してほしいですね。
さよりは脂肪の少ないさっぱりとした味ですが、みっちりと身が引き締まり、しみじみ美味しい魚。低カロリーで脂肪分はゼロに近く魚類の中では群を抜いて低いうえ、お酒の分解を助けるナイアシンや亜鉛を多く含んでいますので、お酒の場にはもってこい。さよりを肴に、とことん酌み交わすのもいいかもしれませんよ。

鰆(さわら)

魚偏に春と書いてさわら。回遊魚のため、地方によっては冬が旬の地域もありますが、昔は「さわらが来ないと春が来た気がしない」といわれるほど、この時期を象徴する魚でした。俳句や歌の世界でも季語として使われることも多いですね。しかし実は腹の部分が狭いことから「狭腹(サバラ)」と呼ばれたのが本来の名前の由来。さらに、車力でお出しする若魚のものは「サゴチ」とも呼ばれます。出世魚ですから様々な愛称を持っているんですね。もちろん、どのサイズのものも旨く、どの地域でも愛される魚です。送別会の主役となる方も、新天地で愛称をつけられるくらい愛されるといいですね。
さてその味はというと、白く美しい見た目のとおり上品な味ですが、皮と身の間にある独特の風味が絡み合うことで、他の魚では味わえない旨みを感じられます。脂質含有量が多く、まるでトロのような食感がありますので、歯ごたえも一緒にお楽しみいただけます。

春は魚以外の海の幸も味わい深い

厳しい冬の海に耐え、美味しくなったのは魚だけではありません。貝などの海の幸も、しっかり旨みを蓄えましたよ。

熱を感じると車輪のように丸みを帯びることから、車海老。夜行性で明るい月夜が続くと動き回ることから、月夜が続いた後に獲ると痩せて味が落ちているといわれています。ちょうどこのところ天気は荒れましたから、今時期の車海老はさらに旨くなっていますよ!

熱を与えても固くなりづらいやりいかは、上品で淡白な味わいも相まって料理人にとって腕が鳴る食材です。甘辛く煮物にすれば、定番のお味ですね。

赤いほど旨く、赤いほど高級な赤貝。なぜ赤いかというとわたしたち人間と同様、ヘモグロビンを含んでいるから。そのため鉄分たっぷり。鉄分の吸収を助ける酢とも好相性です。

寒さに耐えきり旨みを増すのは山の幸も同様!

海だけではなく山でも、食材たちは旨みを蓄えてくれていました。

シャキシャキとした歯ごたえや野趣あふれる香り、素朴な中にも芯を感じる滋味を楽しめる山菜たち。この時期特におすすめなのが、わらびと山うどです。口に含むとふうわりとした春の風が通り抜け、心とお腹が一気に春めきますよ!
そしてぜひ一度食していただきたいのが、浜防風(はまぼうふう)です。お刺身のツマやあしらいに使われることの多い山菜ですが、そのものも非常に美味で実はなかなかの高級品。他の山菜に勝るとも劣らない繊細でさわやかな風味は、食した人だけが知ることができる特権です!


もちろん送別会だけではなく、同僚と、ご家族と、ご友人と、ご接待にどうぞ秋葉原の車力をご利用ください。春の食材とともにスタッフ一同、お客様のお越しを心よりお待ちしております。

車力