秋葉原和食 車力

お知らせ

News

2016.10.01

車力通信 2016年10月

60周年を迎えます


7月末で決算を終え、お陰様で60期に突入致しました。
毎度のことでイベントが苦手ですので特に何も致しませんが(笑)、これからも地道に商売をしていきますので今後とも宜しくお願い申し上げます。
また、私三代目飯島慶三も家業に従事してから丁度10年と節目を迎えることができました。右も左もわからずこの仕事に飛び込み、お客様、関係者様の熱いご指導ご鞭撻により何とかここまでやってくることができました。
これからも謙虚に取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
さて、車力というお店の歴史をご紹介したことがあまりなかったかと思いますが、創業は私の祖父からでございまして、戦後秋葉原に場所を構え「テーラー飯島」という紳士服店が始まりでした。記憶をたどると、祖父はとてもお洒落な人だったかと思います。
そして、時代の移り変わりとともにマージャン店(雀荘)に商売を変え、その後いわゆる昔ながらの日本料理店が流行る時代を迎え、祖父の出身地が三浦ということもあり、新鮮な魚を直接仕入れられるということから活魚料理を売りにした現在の車力になります。車力という店名は初代女将の出身地が、青森県の車力という場所だったので、そこから屋号をとりました。また当店の車力の文字には点が2つつけられておりますが、画数の縁起担ぎで9画の画数を11画にしております。
良いことも悪いことも60年の間に色々ございましたが、創業以来のお客様もいまだにご来店頂いておりまして、これからもお客様に感謝の気持ちを忘れずに暖簾を守っていく所存にございます。

10月のお料理

9月は台風も多く、仕入れも安定しない1か月でした。10月よりいよいよ本格的に秋を実感できるでしょうか。秋食材を取り入れた、今月の会席料理を紹介させて頂きます。
先附
木の子と菊花浸し
前菜
子持ち鮎甘露煮
揚げ銀杏
つぶ貝潮煮
お椀
焼真鱈湯葉真丈椀

お造り
旬の鮮魚三種盛り
煮物
海老芋と帆立黄身煮
焼物
太刀魚八幡巻
揚物
蓮根たらこ真丈挟み揚

酢の物
秋鮭と秋茄子胡麻酢かけ
お食事
鰻茶漬け
甘味
季の実

秋らしい食材をバランスよく取り入れ、コースを作りました。
最後デザートまでお召し上がり頂き、丁度良いと思っていただける分量、味のバランスを考えております。
収穫の秋とも言われるように、野菜がとても美味しい時期です。
また魚介類も寒くなるにつれ、脂を蓄えるので美味しくなります。
接待、会食、宴会など様々なシーンにご利用下さいませ。

またご紹介致しましたお料理の食材を用いて、毎日かわるアラカルトメニューもご用意しております。こちらも併せてお気軽にご利用下さいませ。