秋葉原和食 車力

お知らせ

News

2018.02.01

車力通信 2018年2月

立春を迎えてもなお厳しい寒さが続く今年の冬。夕暮れの北風が染みますね。今シーズンはお鍋料理のご注文を多く頂きます。秋葉原の和食料理 車力では適温に整えた店内で、身体の芯まであたたまるたくさんのお料理をご用意して、お待ちしております。北風に冷やされた身体をあたために、ぜひお立ち寄りください。車力のある秋葉原という街は、山手線、京浜東北線、総武線、日比谷線、つくばエクスプレス、都営新宿線と6つの路線が走っており、お集まりには大変便利な場所です。また当店は秋葉原駅昭和通り口より徒歩30秒という立地にございますので、移動時の寒さを感じる前に到着です。お仕事帰りのふらり飲みにも、ご接待やご友人・ご家族とのお食事にも、ぜひ秋葉原の車力をお気軽にご利用ください。

なまこ


もっちり肉厚、なのにコリコリ。相反する食感を併せもつ不思議な食材、なまこ。日本でも人気の食材ですが、中国では「冬のなまこを食べると一年風邪をひかない」といわれる縁起物でもあるようです。実はなまこには内臓の再生機能が備わっており、一部を失っても数日後には元通り。すっかり元気になるんです。その強い生命力にあやかって、このような言い伝えがうまれたのかもしれませんね。

たらの芽


タラノキという木がつける新芽「たらの芽」は、初春を代表する高級食材です。新芽であることがたらの芽の条件ですから当然貴重な食材。おいしくいただける時期も非常に短いです。旬のものをいただくと身体がよろこぶといいますが、貴重なたらの芽をおいしく食したなら、身体のよろこびはもしかしたら他の食材より大きいかもしれないですね。秋葉原車力のおすすめは、やはり天ぷらです。たらの芽の苦みと衣の甘みがこれ以上ないというくらいマッチして、箸だけでなくお酒もすすみ…、まさに美酒佳肴。研鑽の職人が揚げる、ほっくほく食感の貴重な美酒佳肴、ぜひ一度お味わいください。

立春を祝う縁起物の魚たち

冬の終わりから初春にかけてのこの季節は、なまこといい、たらの芽といい、なんだか縁起の良い食材が並びますね。日本で縁起が良い…といえばやはり鯛、ということで、この時期においしい“鯛”を紹介します。

目鯛


大きく愛くるしい黒目がちのおめめが特長で、そのまま名前の由来となった目鯛。お刺身も塩焼きも煮物にしてもとてもおいしい魚です。もっちりとした口当たりと透き通るような白身は本当に鯛らしい、のではありますが、実は厳密にいうと、鯛と完璧な同族ではありません。目鯛はスズキ系イボダイ科。とはいえ味は鯛にひけをとらないことはご存知の方も多いでしょう。きっと、ぱっちりおめめの見た目や味にメロメロになってしまった方が、鯛にも勝る魅力を感じ、名付けられたのでしょうね。味はもちろん、おめめに魅力がある鯛…ということで二重におめでたい、なんて。おあとがよろしいようで。

甘鯛


実は甘鯛も厳密な生物学でみると鯛と同様の種族ではありません。が、輝くような白身や、体表の赤み、そしてなによりじんわりとした甘味でとても人気のある“鯛”です。
甘鯛は身が柔らかく繊細なため、身を傷つけないよう竿を使わず縄をたぐって漁獲されます。そして魚体の保護材となるうろこを残したまま、数匹ごとに分けられ運搬されます。ずっと大事にされて、かわいがられて、ある意味甘やかされて市場に運ばれてくるんです。そのおかげもあり、市場に届いても魚体の状態が良く、うろこもおいしく食べられます。フランス料理ではパリパリのうろこの食感を生かしてポワレやムニエルに使われることも多いですね。和食の世界でもうろこまでおいしくいただける、若狭焼きが非常に美味です。
※漁獲法や運搬法は地域などによって異なります

きびなご


きびなごは成魚になっても全長10cm程度にしか大きくならない、イワシの仲間ではもっとも小さな魚です。小さいながらもスリムで均衡のとれた魚体と銀白色の体表は非常に凛々しく、海面すれすれを大群で泳ぐ様子は、まるで銀色にまたたく波のよう。「波のしずく」、「海の宝石」と讃えられることもあるようです。この美しい魚が、もっとも引き締まり、旨みをたくわえるのが2月。ぜひともおいしい時期にお味わいくださいませ。


筍といえばその存在だけで「春」をイメージさせてくれるさわやかな食材です。春に食べずにいつ食べる!とは言い過ぎかもしれませんが、筍に含まれる豊富な食物繊維はお通じの改善を助けるだけでなく、コレステロールの吸収を抑えて体外に排出する手助けをするためお正月太りをしてしまった方にはぴったりですし、疲労回復にもってこいのアスパラギン酸はこのところの寒さで疲れた身体を癒す効果があります。

ちりめん山椒


しっとりやわらかく炊いたちりめんじゃこに、香りと風味がたまらない実山椒をたっぷり絡めたちりめん山椒。ほっかほかのご飯にのせてほおばるのは至福、酒のアテとしてつまむのも一興、新鮮な野菜やお豆腐に添えるも技ありで、様々なおいしさが楽しめます。ぜひ秋葉原の車力で、ちりめん山椒が持つ多彩な魅力をお味わいください。

2月コース料理献立ご案内
先附

うぐいす豆腐

前菜

牛蒡信田巻
なまこ酢
たらの芽味噌掛け

お椀

烏賊真丈

お造り

旬の鮮魚三種盛

煮物

若筍煮

焼物

目鯛菜種焼

揚物

甘鯛歌舞伎揚

酢の物

きびなごと蓮根ミルフィーユ

お食事

ちりめん山椒茶漬け

甘味

季の実

秋葉原の車力では

どなたでも楽しめる和食割烹を、単品料理・コース料理と各種揃えておりますので、歓迎会にも大事なご接待でも安心してご利用いただけます。
秋葉原での接待、ご宴会、会食、ランチでも和食、日本料理をご利用くださいませ。最大32名様までご利用人数に合わせてレイアウトを自由に変更できる、完全個室のお座敷も完備しております。
石狩鍋、あんこう鍋、ふぐ料理のご提供は2月末までとなりますのでご了承下さいませ。
今シーズンも伝統の鍋料理をご愛顧頂きまして、誠に有難うございました。


同僚と、ご家族と、ご友人と、ご接待に、今宵も秋葉原の車力でゆっくりとおくつろぎください。厳しい寒さをひととき忘れるあたたかいお料理で、心からのおもてなしをさせて頂きます。

車力